第2話 コーヒーでしりとり風に 

Pocket

On

アラベスク文様の手帳から・・・インデックスへ戻る

初稿公開日:2012年2月27日

「もう一度原点に帰れ」とは?

写真のメインテーマが決まらず悩んでいた私。
そんなある日広場でコーヒーを飲み、ひらめいた。
その内容とは一体何だったのか...?
そんなお話でしたね。 

では折角ですので、
まずどんな広場なのかを
本題よりも先にご紹介いたします。
マドリードらしくて私の好きな場所の1つです。

サンタ・アナ広場

今、手元にあるのが古地図が載った本。
これを見ますと17世紀のマドリードには、
この広場は見当たりません。

どうやら広場になる前には修道院や、
それに付随する学校があったようです。
当時、この辺は建て込んでいて、
今よりも窮屈な雰囲気だったかもしれません。

Plaza Santa Ana 「夜のオープンカフェ」  MADRID  477
Plaza Santa Ana 「夜のオープンカフェ」  MADRID  477

さて、
この辺りは文芸地区と呼ばれています。
スペインの黄金時代の15―16世紀の頃。
画家のベラスケスや、
小説「ラ・マンチャの男」を執筆した
文豪セルバンテスも住んでいた地区なのです。

また当時、芝居小屋があったことから
脚本家や舞台関係者が、
この辺りの居酒屋で毎晩熱弁を交わしていたのは、
想像に難くないですね。

そして現在の風景は、と見回しますと…

広場ではスペイン人の中に
外国人観光客も混じってテラスで座ってお喋り。
長方形の広場の3辺には白亜のホテル、
タパスをつまめるBARやレストラン、
タブラオ・フラメンコが店を連ね
ちょっとつまんでは他の店へ。

食べるのが好きな人、
飲むのが好きな人には
楽しい限りかもしれません。

さて下の写真は、
ホテルの右隣にあるタブラオ・フラメンコのお店。
とても人目を引きますね。
入ってみたくなりませんか?

Tabrao Flamenco 「タブラオ フラメンコ 」  MADRID  474
Tabrao Flamenco 「タブラオ フラメンコ 」  MADRID  474

またこのお店の外壁には、
マドリード、セビリアやグラナダの町などの景色を
装飾絵タイルで見事なまでに施されていて、
一見の価値があります。 

お店の装飾絵タイル

タブラオ・フラメンコのお店の奥で、
恋人同士をテーマにした
美しい装飾タイルを見つけました。

窓越しにお喋りをする2人。
窓越しの会話とは半分隔絶された世界。
見ている私達さえも一緒にときめく気分です。

En Tabrao Flamenco 「絵タイルの壁」  MADRID  1485
En Tabrao Flamenco 「絵タイルの壁」  MADRID  1485

男性は、右手でギター・ヘッドを支え、
ボレロにブーツ姿。
恋人を誘いに来たのか、
それともここでギターを爪弾くのでしょうか?

それからもう1つ。
このタイルのライティングです。
気づかれていましたか?
ハート型に光をあてるなんて、
なんともおしゃれではありませんか?

あまり長居は無用。
ハート型が消えてしまわないように、
私達はこの辺でそーっと外へ出ましょうか。

広場近くの通り

この辺りは週末の夜になると、
車道に人が溢れかえります。
それも夜中まで車が通れぬほど。
ここは今も昔も、
「人が集まり、楽しくワイワイ」は変らないようです。

Calle 「マドリードの旧市街路地」  MADRID  475
Calle 「マドリードの旧市街路地」  MADRID  475

かつては喜劇の芝居小屋

そして広場の残りの1辺には何が建っているのでしょう。

そこには、ホテルと対峙するように建っている
由緒正しいマドリードの劇場の原型とも言うべき、
”Teatrodel Príncipe” (テアトロ・デル・プリンシペ)があります。
旧名称は “Corraldel Príncipe”(コラール・デル・プリンシペ)。

Teatro 「劇場」  MADRID  1484
Teatro 「劇場」  MADRID  1484

劇場の装飾的なファサード(正面)が
ご覧になれますか。

旧名称の「コラール」は、
16世紀末の芝居小屋が由来。
紳士から職人さんまで、
そして老若男女が、
建物の中庭で催される喜劇の芝居を楽しんでいました。
ただし当時の建物は、レンガ造りに赤茶の瓦屋根だったとか。

どこの都市も一言では表現できないように、
このサンタ・アナ広場周辺も
「古きマドリードが凝縮した形で残っている地区」と、
思って頂ければ良いと思います。

カフェテリア・スイスのコーヒー

そして
私が腰をおろしている「カフェテリア・スイス」。
広場の一角にある100年以上の歴史ある老舗で、
コーヒー用のミルクは、泡がきめ細かくて定評があります。

Cafe "SWISS" 「カフェ スイスのコーヒー 」  MADRID  1486
Cafe ”SWISS” 「カフェ スイスのコーヒー 」  MADRID  1486

さて味わい方は人それぞれ

私は今日は少しだけ
お砂糖を入れていただきます。
スプーンでかき回して…と!
『うーん!』
香ばしい良い香りが立ち上り鼻をかすめます。

ところでサンタ・アナ広場の様子、イメージ出来ましたか?

気持ちの良い日なので
このまま気楽に気の向くまま
お喋りでもしてしまいそうです…。

いえいえ、それでは気を取り直して…。

Cafe "SWISS" 「オープン・テラスのカフェテリア」  MADRID  473
Cafe “SWISS” 「オープン・テラスのカフェテリア」  MADRID  473

ここからは、本題のお話を致します。
そうです。
この広場で飲んでいて何をひらめいたのかです。

コーヒーを飲んで思い浮かべる事って何でしょう?

この問いかけには、
いろいろ答えが出てきそうです。

私もこの日、
何気なくコーヒーを飲んでいたのですが、
ふと『コーヒーやお砂糖って何処から来たのでしょうね』と、
自問自答。

Cafe 「アルメリアの陶器に入ったコーヒー豆」  MADRID  1487
Cafe 「アルメリアの陶器に入ったコーヒー豆」  MADRID  1487

そしてお砂糖も含めて、
どちらも中東から拡散されていたなんて…。
今を生きる私達の周りを取り巻いている物は、
その存在自体が当たり前に見えてしまいます。

考えてみますと、
ちゃんと歴史があって世界中から来ている物ばかり。
この日は広場のカフェで飲みながら
『コーヒー&砂糖は何処から?』と、
次々にしりとり風に連想しながら飲んでいたのです。
そして次は...?

文化はどういう風に伝播していくのだろう?

この質問に対して考えを
さらに発展させていきます。
人間の欲求というものは本当にきりがなく、
次から次へと湧くものです。

例えばある物が
「おー!これは素晴らしい」。
さらに「これも便利!」と言うように役立つのであれば、
小さな社会から大きな社会へ
商人達の運搬やまた過酷な戦争による略奪も含めて
世界的規模に伝播していきます。

Tabrao Flamenco 「タブラオ フラメンコの絵タイルの壁」  MADRID  1488
Tabrao Flamenco 「タブラオ フラメンコの絵タイルの壁」  MADRID  1488

現代の情報速度に関して言えば
「インターネット」というツールであっという間。
ですが、
昔は各時代の乗り物の速度で伝播していったのですね。

そして次の連想先の「文化」という言葉

そう言えば日本はよく地理的観点から、
文化の東の終着駅と言われます。
では『このスペインとは一体どんな国なのだろう...』と。

さてこの話を展開する前に、
次回は日本にいた頃にどんなことに興味を持ち、
スペインへ来たのかを先に説明したいと思っています。

今度は「神様」ではなく、10代の頃へと遡ります。
物事に対して興味を持つきっかけは、
意外にも単純な理由が多くありませんか。

それでは、また次回お待ちしています♪

初稿公開日:2012年2月27日

アラベスク文様の手帳から・・・インデックスへ戻る

3 thoughts on “第2話 コーヒーでしりとり風に 

  1. こんにちは~!ぽんぽこです。パソコンから何故だか行けなくて、スマホからです。\r\nステキな写真がいいっぱいですね。おいしいカプチーノが飲みたくなりました。

  2. こんにちはー!!aoです(*´∀`*)\r\nスマホから見てます☆彡写真とっても綺麗で癒されます…!!

  3. aoさん、こんにちは。ありがとうございます!マドリードだけでなく、今後南のアンダルシア地方の写真もUPして行きます。お時間あるとき、また当ブログへお越しくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください