第16話 道(V) マクロ・レンズで見るマドリード ー二つの散歩道ー

Pocket

On

春の情景

季節は梅雨の時期を迎えようとしていますが、お変わりございませんか。

河津桜とヒヨドリ 8798

河津桜とヒヨドリ 8798

さて、近所には寒緋桜(カンヒザクラ)が街路樹として植えられている道があります。

開花時期に、ヒヨドリが賑やかに蜜を吸いに来ていたのはついこの間と思っておりましたら、

17526

公園の母と子 17526

先日、熟した果実が自分の足下を埋め尽くすように一面に散らばっているのを見つけ、時の経過を感じたものです。

道  4240

道  4240

一方変わってスペインの春。アマポーラ(ポピー)が咲くのは確か4月下旬頃からでしょうか。マドリードを始め、特に郊外へ延びる街道沿いでは二週間ほど見ることが出来ます。

アマポーラ(ラ・マンチャ地方)  1038

アマポーラ  1038

青い元気な麦の穂と、その間をぬって寄り添うように咲くアマポーラの取り合わせは、さながら緑の地に赤い水玉模様の鮮やかなフラメンコ衣装を思わせます。

麦畑とアマポーラ  10064

麦畑とアマポーラ  10064

また畑の上空にそよ風が連れてくる雲が加われば、光りと影による効果で赤と緑に濃淡がつき、それもまた美しい光景です。

広がる大地に群生するアマポーラは、スペインらしい風景として良く知られていますが、それだけではなく、3月から4月にかけて一面に桜の花が咲く谷があるのをご存じですか。

ヘルテ村の入り口付近  8425

ヘルテ村の入り口付近のさくら  8425

今回最初のお話は、「スペインの春」を中心にしていきますが、と同時に「心に咲いた桜の花」も合わせてご紹介していきたいと思います。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

『春暁』の情景

17465

満開の桜の花(東京) 17465

今春のうららかなある一日の事でした。写真制作にと幾つか春景色を心に描いておりましたら、懐かしい唐代の詩人、孟浩然(もうこうねん)の漢詩『春暁』の情景が、久々に心に浮かび上がりました。

この漢詩を初めて目にしたのは、確か学校の授業でしたよね。

春眠暁を覚えず、処処に啼鳥を聞く、夜来風雨の声、花落つること知る多少。

庭に来るヨーロッパコマドリ (マドリード) 16723

ヨーロッパコマドリ (マドリード) 16723

学習した当事、この五言絶句に触れて簡潔明瞭な詩体から一字一字の漢字の持つ力と、誰もが体感するこの自然描写に、感心してしまいました。

ところが今回この漢詩の一句目、「春眠暁を…」を思い浮かべていると『ああ、マドリードの春眠…』と、別な意味で詩を懐かしむ事になってしまいました。

それは一体どんな春だったのか。もったりぶらずにお話の舞台をもうマドリードへ移す事に致しますね。

マドリードの春

プラド通りの花壇  14522

パセオ・デル・プラド通りの花壇  14522

市の中心部。人や車が往来する大通りや広場、歴史的モニュメント周辺では上品で光沢感のあるチューリップの花や、ビロードの風合いを持つパンジーなどが春の花壇を美しく演出します。

5006

パンジー 5006

でもご紹介したかったのは、どちらかと言えば住まいのあった身近な春の様子。今でも思い出すと微笑ましいやら、まぁ悩ましいやらの方ですけれど…。

庭の住人

中心街から離れていたマドリードの住まいは、

マドリードの住宅街の通り  19684  

マドリード市の住宅街の通り  19684

週末の朝になると、乗客が近所のバスの停留所で乗降する様子もなく、

マドリード市内のバス停留所(イメージ) 14998

マドリード市内のバス停留所 14998

緩やかな坂道を軽快に下っていった後は、しばらくの間、再び静寂が訪れる...といった場所でした。

雨の庭(マドリード) 18920

雨の庭(マドリード) 18920

また、比較的緑に恵まれた地域でしたので、ご近所や我が家の庭の木々には黒歌鳥が居を構えていたのです。

黒歌鳥(オス)  16734

黒歌鳥(オス)  16734

愛くるしい目に、黄色いくちばし。雄は漆黒、雌は褐色の羽毛。この黒歌鳥、日本へもごくたまに渡ってくるようですね。

ヨーロッパでは、美しい声の持ち主として知られており、また身近な鳥としてスペインでもオリーブ油の缶を始め、ワインのラベルにも使用されていました。

オリーブ油の缶(黒歌鳥)

オリーブ油の缶(黒歌鳥)

「処処に啼鳥を聞く」

「もしかするとマドリードの春のお話にこの鳥が関係しているのでは?」と、気づき始めている方がすでにいらっしゃるかも知れませんね。

Blog-16-1229

庭の黒歌鳥  16767

実はその通りなのです。ですから庭の住人・黒歌鳥を漢詩『春暁』に当て込んで春の様子をお話ししようかしらと、考えたのです。さて、どんな風になることやら...。

それでは手始めに、対象となるオリジナルの前半二句からどうぞ。

五月の薔薇(マドリード」17306

五月の薔薇(マドリード) 17306

春眠暁を覚えず、処処に啼鳥を聞く、

意味はすでにご存じかと思いますが、「春の眠りは心地よいので明け方も知らずに眠っていた、目が覚めるとあちらこちらで鳥の啼き声が聞こえる」ですね。

ここで春の黒歌鳥について補足しますと、暖冬の年であれば2月から、通常3月から5月までが繁殖期にあたります。

18840

二羽の黒歌鳥(オス) 18840

オスは「木立のコンサート会場」でそれは一生懸命こんな風に囀ります。

黒歌鳥(オス) 『春が来ましたよ、お嬢さん♪僕の素敵な声をどうぞ聴いて下さい。声真似だって色々出来ますよ~!』と。

黒歌鳥(メス) 16756

黒歌鳥(メス) 16756

一見、美声で囀るのならさぞ春らしい日々と思いきや、いえいえ、問題は相手が決まる迄、ほぼ連日連夜囀ることなのです。

『春暁』を揶揄する意図は毛頭ないのですが、『春暁・マドリードの庭編』が許されるのなら次のような仕上がりに。

「春の眠りは心地良いはずなのに、毎夜元気に啼く声が私の睡眠を妨げる」

Blog-16-1072

ワインのラベル

尤も注意が必要な時間帯とは、こちらの眠りが浅くなる暁の頃。

かわいい「騒音鳥害」とも言える大きく抑揚のある啼き声は、夢の中でなのか、それとも現実なのか、正に夢現(ゆめうつつ)なのですが、

運悪くこの時間、練習不足の彼等の声に少しでも耳を傾けようものなら、もういけません。

黒歌鳥(メス) 18819

黒歌鳥(メス) 18819

黒歌鳥(オス) 「...(ヒバリのつもり)ピーィチュク、ピー・チイク、ピー&%#●■!??あっ、すみません。これ、まだ良く歌えないので飛ばします~。次、ナイチンゲールの声真似いきます!あれ、れ、れ。最初の出だし、何だっけ...?」

ヒバリの雛(オス) 16765

ヒバリの雛(オス) 16765

まだまだ夜は明けぬと言うのに、こちらは両肩を小刻みに振るわせながら、「くっ、くっ、くっ…」と、声がかすかに漏れ、

それもやがて我慢出来ずに本格的に笑いがこみ上げた時には、もう完全に覚醒状態。

卵を温めている黒歌鳥(メス) 16763

抱卵する黒歌鳥(メス) 16763

毎春の庭の思い出とは、寝不足の思い出。詩人、孟浩然のような心地良い寝覚めであったのなら!

18870

黒歌鳥の雛 18870

今、お話を聞いて下さっているあなたももしかしたら「...」と、同じように肩を振るわせながら苦笑してしているかもしれませんね。

特別な花

さて黒歌鳥との顛末記を語り終えたところで今度は詩の後半である花のある情景、三句目と四句目に移りましょうか。

夜来風雨の声、花落つること知る多少

こちらの二句は、「昨夜は風雨が吹いていたが、どれくらいの花が散ってしまったのだろう」ですね。

牡丹 5240

牡丹 5240

ところで以前から素朴な疑問があるのですが、ここで登場するモデルの花は何でしょうか。詩人が生きた盛唐に好まれた「牡丹」、或いは「桃」や「椿」...。

椿  8280

椿  8280

『春暁』でうたわれているように折角咲いた花が風雨に吹かれると、気になる存在が桜なのではありませんか。

さくら  8698

河津桜  8698

私もスペインで春を迎えるたびに『日本では桜の開花はまだかしら?』などと、季節柄よく気になっておりました。桜は、何処にいても日本人にとっては特別な花かもしれませんね。

河津桜 8683

河津桜 8683

サクランボの谷へ

マドリードから「ヘルテの谷」(Valle de Jerte) を訪れたのはかれこれ7,8年前、いやもう少し前かもしれません。

急に思い立って出掛けたのは、「春になると私の山へ日本人グループが花見に来られますよ」。とあるスペイン人の話を聞き、その時心にぱっと「日本の桜」が咲いたからでした。

見晴台「ロス・クワトロ・ポステス」から望むアビラの街 10680

見晴台「ロス・クワトロ・ポステス」から望むアビラの街 10680

ヘルテの谷は中央山系・グレードス山脈の西南端に位置し、車でマドリードから北西の中世の城郭都市「アビラ」を経由し、更に西へ。

マドリードからはおよそ2時間半ほどでしょうか。

8443

ヘルテ村周辺の風景 8443

谷間には同名のヘルテ川が流れ、この川に沿って両岸に村々が点在しています。また近くの山にはイノシシや、山ヤギなどの野生動物が棲息し、また野鳥や川魚の宝庫でもあります。

現地へ到着すると、昼食がてら村の1つ、「ヘルテ村」に立ち寄ることにしました。

8444

ヘルテ村から馬に乗る人々 8444

山の斜面の桜が見える入り口付近で、これから小道を馬で散策する人達に出会いましたが、ルートは幾つかあって徒歩で、または馬、ロバでも周遊出来るようでした。8446

馬で谷を散策する人々 8446出発を前にしてご機嫌のお二人。桜の木は谷全体に何千本と植えられているので、川辺や山中でピクニックしながらの眺めは壮観でしょうね。

「こんにちは♪ 楽しんできて下さいね!」

8432

ヘルテ村の内部 8432

村の様子を少しご覧になりますか?

8428

ヘルテ村の子供たち 8428

現在、人口1300人程の静かなヘルテ村は、以下のような戦争の歴史が残されています。

それは今からおよそ200年程前の1809年の夏のことでした。前年にマドリードから始まった「スペイン独立戦争」によって、この村にもその波が押し寄せ、勇敢にも村人達がフランス・ナポレオン軍に対し蜂起したのです。

8540

焼き討ちから逃れた面格子のついた家(1785年建築) 8450

その結果、報復として村には火が放たれ一部地域を除きほぼ壊滅状態になりました。

上の写真からではとても小さいので確認が出来ませんが、嵌め込まれた面格子上部には、1785年(建築された年)と刻まれています。きっと焼き討ちから逃れた数少ない一軒なのでしょう。

8489

ヘルテ村の伝統的な民家 8490

さて…。気を取り直して、今度はここの伝統的な民家を一つ二つご案内しましょう。

建材は周囲で調達可能な「木材」、「粘土」、「砂」、「石」や「石灰」を使用しています。

8489

ヘルテ村の伝統的な民家のバルコニー 8489

こちらは前出と同じ民家。「一続きのバルコニー」は色調や自然の風合いから、何処かしら懐かしくなる風景です。

8468

民家の外壁(日干し煉瓦と木材)8468

別の家屋では、外壁に粘土を使用した「日干しレンガ」と木の枠組みも見られます。また路地を歩いておりましたら、家の戸口に下のような「巣箱」と「バスケット」を見つけました。

底に貼られたシールから商品と思われますが、こちらはお店なのか、それとも個人宅なのか判別が難しく、この村の長閑な雰囲気を感じたものです。

8486

「巣箱」と「バスケット」  8486

ヘルテと言えばスペイン人にとって言わずと知れたサクランボの産地です。もしかしたらバスケットは、さくらんぼ用なのではと推測しました。かごに入った真っ赤に熟したサクランボ。現地で頂くときっと美味しいでしょうね。

サクランボをあしらった通りのプレート (ヘルテ村)  8442 

サクランボをあしらった通りのプレート (ヘルテ村)  8442

お味の方ですが、果肉の味が濃厚で甘く、マドリードでも初夏から夏にかけて出回ります。また3ヶ月近くと長期間収穫が可能なのは、ナバリンダと言うサクランボの他、4種類のピコタ(ビガロー種)を海抜の異なる段々畑を上手に利用して栽培するからです。

納屋と桜(ヘルテ) 8437

納屋と桜(ヘルテ) 8437

あら…。さくらんぼのお話に夢中になってしまい、肝心の桜の花について感想を忘れるところでした。

サクランボの果樹園(ヘルテ) 8501

サクランボの果樹園(ヘルテ) 8501

訪れた日は空には灰色の雲が覆い、太陽の光は頼りなくすっきりとしないお天気でしたが、その分、山の段々畑に咲くその姿は天空からの光がまわって和紙で作ったちぎり絵のように優しげ。

ヘルテ村  8465

ヘルテ川  8465

久々に甘い薫りが漂う花咲く小道を歩くと懐かしさで胸一杯になりましたよ。

心に咲いた「日本の桜」とは?

以上、ヘルテの桜をご紹介したわけですが、

ではマドリードで心に咲いた「日本の桜」とは一体どのような情景だったと思いますか。

河津桜 9054

河津桜 9054

心に浮かんだ桜の情景とは、不思議な事に桜の名所や神社の境内など

源平池(鎌倉・鶴岡八幡宮) 4936

源平池の桜(鎌倉・鶴岡八幡宮) 4936

画趣に富んだ「美しい桜のある風景」と言うよりは、

旗上弁財天社(鎌倉・鶴が丘八幡宮) 4926

旗上弁財天社(鎌倉・鶴が丘八幡宮) 4926

むしろ、どれもが桜のみで構成された、またストーリー性を持たない断片的なものだったのです。

17567

河津桜 17567

例えば…。

ひと足速く開花する早咲きの「河津桜」の花の色。

さくら 8884

河津桜 8884

河津桜は若々しい濃い桃色の花と、黄緑の葉の組み合わせ。

本格的な春の到来を待つ人々にも「もうすぐ本格的な春♪」と、心にぐんと弾みをつけてくれます。

17467

満開の桜 17467

それから桜の姿。

手を差し延べるように幾重にも広がりを見せる優美な枝振り。

花の振り子(桜) 17447

花の振り子(桜) 17447

小枝と春風の組み合わせ。

17449

花の振り子(桜)17449

弥生の空を背景に、目の前で上下に揺れ動くのは沢山の「花の振り子」。

17724

河津桜 17724

また春の風はいたずらっ子。

花は、吹く一陣の風に桜吹雪となってお濠や川の水面に浮かび、そして花筏に。

ややもすれば、風も吹かぬのに時折思い出したかのように、はら・り…と枝から離れ、

17529

桜の花びら 17529

螺旋の舞を披露するひとひらの花びら...。

17575

桜 17575

しっかり折りたたまれていた花の蕾や葉の、そのはじける生命力。また、咲いた裏桜の美しさ。

17362

花一輪(桜) 17362

花一輪。

17471

桜の花束 17471

また寄り添うように一輪一輪が作り上げる「桜の花束」。

17551

頭上の桜 17551

そして何よりも記憶の中で鮮明であったのが、見上げた時のこの眺めでした。

17415

桜の花と小枝 17415

こうしてしばしの間、立って眺めていますと、

花は、花見客の楽しげな声に、じっと耳を傾けている...。

17514

桜の花と葉17514

何故かそんな気がしてくるので不思議でした。

17510

桜の花冠 17510

そして空に向かって出来るこの桜の花冠(はなかんむり)の眺めが、美しく優雅で、心に一番大きく咲いた日本の桜かもしれません。

あなたは今春、こんな桜を何処かでご覧になりましたか。

***  ***  ***  ***  ***  ***  ***

休憩所へようこそ

さて、第一部のお話が終了致しました。ご覧頂きましてありがとうございました。最後の様々な桜の姿はいかがでしたか。

13266

お茶のお誘い13266

ここで一旦「休憩時間」のご案内をさせて頂きます。どうぞこちらで気分転換をなさって下さいね。

民家 (東京)  2852

民家 (東京)  2852

この後は第二部、前回第15話のマドリードの続きが始まります。 尚、今回はボリュームがあるため休憩所はもう一度設けてあります。

それでは第二部をどうぞ。

***  ***  ***  ***  ***  ***  ***

18世紀の散歩道へ

シベーレス広場は町の東西に延びる二本の「アルカラ通り」と、そして南北に延びる二つの大通り「パセオ・デル・プラド」、「パセオ・デ・ロス・レコレトス」が交差する広場です。今回はこれらの南北に走る広い並木道をご案内するお約束でしたね。

またご自分がお散歩をする気持ちで、ご覧になって頂けたらとても嬉しく思います。

シベーレス宮殿 15076

シベーレス宮殿 15076

では最初はそうですね…。右手の道、パセオ・デル・プラドの次の広場まで歩いてみましょうか。

それでは♪

14506

鴨の噴水 14506

広場から歩き出すと程なく涼しげな水音が聞こえてくるのは、”Fuente de los Patos”(フエンテ・デ・ロス・パトス)、「鴨の噴水」です。

この噴水は18世紀中庸のもので、背後にうっすら見える緑の木立、「レティーロ公園」にあったものと言われています。

いかがでしょう?噴水の淵に腰を掛けて、少し眺めて行きませんか。

カルガモ 19198

カルガモ 19198

モチーフを良く観察しますと、四羽の鴨は広げた羽で皆、仲良く繋がっているようです。

カルガモ

カルガモ 19197

そう言えば、池に浮かんでいた鳥が、羽繕いの為に扇のように羽を広げたり、

カルガモ  19163

カルガモ  19163

また水面から飛び立っていく瞬間は、はっとする美しさを感じる事がありますものね。

離宮であった「レティーロ公園」

そうでした...!この機会を利用してこの噴水の背後に見えるレティーロ公園も一緒にご紹介致しましょうか。その歴史も掻い摘んでお話しますね。

19090

冬のレティーロ公園 19090

この公園がまだ町の東側のはずれにあって、「ブエン・レティーロ離宮」と呼ばれていた17世紀後半から18世紀のことです。

19060

アーティチョークの噴水 : カルロス3世の治世にアトーチャ門付近に設置された噴水。19世紀末になってレティーロ公園へ移設。 19060

時の王フェリーペ四世は人柄も良く、文化面においてはベラスケスのような才能のある画家を保護する王でしたが、山積した問題解決よりもどちらかと言えば一大娯楽施設であったこの離宮で、池に船を何艘も浮べさせ「海戦ごっこ」など雄大なショーを催すなど、祭典にご興味があったお方のようです。

レティーロ公園  4635

レティーロ公園  4635

またこの時代は、スペイン帝国の繁栄ぶりがすでに過去のものになり、それまでの無駄な戦争によって散財し、国力の衰弱が決定的になった時期でもありました。

19059

イナゴマメの木の間から 19059

そして時は流れ、この豪華な離宮も終焉を迎えるときが来ます。1808年に起きたスペイン独立戦争です。サクランボの谷ヘルテのお話で登場したナポレオン軍は、ここマドリードでも傍若無人な振る舞いをしました。戦時中、離宮は彼等の兵営となり、その間に破壊されてしまい、現在、大部分の建物は残っていません。

19073

レティーロ公園の池 19073

そして現在のレティーロ公園。週末ともなれば、市民の憩いの場として人々が集まってきます。

レティーロ公園で遊ぶ人々  1842

レティーロ公園で遊ぶ人々  1842

池の畔に立っておりますと、一艘の漕ぎ出された二人が乗るボートには

レティーロ公園で遊ぶ人々  1715

ボート遊び  1715

池の水に自分の手を浸しながらはしゃぐ女性の姿が見られたり、

レティーロ公園で遊ぶ人々  1728

水辺での会話  1728

家族連れが乗ったボートからは、子供達の元気な声が聞こえてきます。

Blog-16-1096

散歩する女性 19070

また池の周囲では、足を止めて見入る家族連れを前にして

19075

大道芸人と子供達 19075

お得意の演技を披露する大道芸人達や、

19084

似顔絵画家 19084

路上の無名の演奏家、それに似顔絵画家達が集まるのです…。

レティーロ公園の様子、ご覧頂けましたか。

それでは先を歩いていきましょうか。

レティーロ公園  387

レティーロ公園  387

芸術の並木道

パセオ・デル・プラド。この道は別名「芸術の並木道」と、呼ばれています。

ベンチでくつろぐ人々(プラド通り) 14516

ベンチでくつろぐ人々(パセオ・デル・プラド) 14516

それは、世界的に有名な「プラド美術館」、「ソフィア王妃芸術センター」や「ティッセン-ボルネミッサ美術館」とn大きな美術館が集中している為です。

またこの散歩道は、下のシベーレス広場の噴水を始め、

シベーレス広場 14488

シベーレス広場と噴水 14488

「アポロンの噴水」に「ネプチューンの噴水」と三つの神々の噴水や、石造りの彫刻等が配置されたnエレガントな道になっています。

プラド通り (Fuente de Apolo) 14523

“Fuente de Apolo”(Las Cuatro Estaciones) 「アポロンの噴水」(又は四季の噴水) (パセオ・デル・プラド) 14523

仮に車が走っていなければ一瞬何処かの庭園内を歩いていると錯覚してしまいます。

それもそのはず、ここはマドリードでも最も古い”Historic Garden”と言われています。

15675

「アポロンの噴水」(又は四季の噴水)  15675

でも何故この道は庭園風に作られ、芸術的な施設が特化しているのでしょう...。

二人の子供と壷 14499

「二人の子供と壷」の像 14499

実はマドリードが、ヨーロッパ諸国の首都のように美しい装飾が施されようになったのは1700年代中頃、スペイン・ブルボン家のカルロス三世の治世でした。

14512

パセオ・デル・プラドの石像 14512

具体的には、先ほどのシベーレス広場や、次の「アルカラ門」など、

現代に残る数々の歴史的建造物はこの時代に建設されたものです。

アルカラ門の標識(マドリード・独立広場) 13883 

アルカラ門の標識(独立広場) 13883

では、それ以前はどんな都市だったのしょうか。そんな疑問にお答えする為にカルロス三世がマドリードへ凱旋する辺りから語っていきましょうか。

マドリード生まれのこの王は、イタリアが統一する以前に存在したシチリア、ナポリ王でした。ところが異母兄フェルナンド六世が没すると、王位を子に譲り、即位の為にマドリードへ戻る事になったのです。

王が平穏なナポリの王宮からマドリードにご到着なさると、次のように仰せになったかもしれません。

「き、きたない!な、何と惨めで恥ずべき町!」どうやら目に余る町の惨状に驚愕したようです。

アルカラ門(部分) 13889

アルカラ門(部分) 13889

その惨状に関しては、王の公式伝記作家フェルナン・ムニョスが以下のように記述しています。

「正に『豚小屋』の首都と、評価するのをためらわない。泥や、ゴミ、排泄物が筆舌に尽くしがたい光景と悪臭をなすのである」

1760年。この国王が即位した頃のマドリードは、人口15万弱の首都でしたが、水不足の上、道は汚く、暗く狭い。雨の日などは、ぬかるんでドロドロ。n昔のパリも不衛生であったと聞きますが、マドリードも冬になれば更にドラマチックで気のめいる光景だったのです。

山間部でのびのびと歩く豚19097

山間部でのびのびと歩く豚(ラ・マンチャ地方) 19097

続けて上記の公式伝記作家の内容を要約すれば、

街中では豚が自由に闊歩し、日没ともなれば夜間の街灯はなく、賊が跋扈(ばっこ)する街角を歩く者なんて、お人よし扱い。

更におぞましいのはほぼ夜間に行われるあの光景。(お食事中の方は、以下のお話しにご注意を!)それはラバに引かれた荷車と共に、斧や手ぼうきを持った清掃人達が町を巡る事。

19211

荷車(時代祭り) 19211

しかしその荷車は上のような車輪付ではなく、代わりに丸太がついた荷車(大きなちりとり風?)がずるずると汚物を引き入れる為に引きずられ、街に設置された数箇所の暗渠(あんきょ)に廃棄される。

その近隣に住む人々は瞬く間に伝染病に感染してしまうのだ…と、もう衛生状態は推して知るべし。

いやはや、大変な有様です。説明は続きますが、「エレガントな道」の散歩中ですのでこの手のお話はこの辺でおしまいに。

19103

街道近くに現れた黒豚の親子(マドリード・グアダラーマ山脈) 19103

ところで今回はお話の内容上、豚さんに登場願いましたが、ここで一言釈明を。

「ごめんなさいね。あなた達が決して悪いわけではないのよ...」。

スペイン・ブルボン家

都市マドリードの状態に驚かれつつも「なにゆえこんな事に?」と、思いませんでしたか。今度はそれも道々簡単にお話していきましょう。

プラド通りのアイスクリームを売る店  14251

アイスクリームの売店(パセオ・デル・プラド) 14251

1561年、マドリードの町はスペイン・ハプスブルグ家のフェリーペ2世によってこの町へ宮廷が移され、以来実質的に首都となった事は第14話ですでにご存知ですね。

スペイン海軍本部(プラド通り側) 14515

スペイン海軍本部 (パセオ・デル・プラド側) 14515

それから約140年後の1700年のことです。その頃のスペインは政治、経済は荒廃して、貧富の差がさらに激しくなるばかりでしたが、

そんな中、時の王カルロス二世は血族結婚のため、生来病弱で後嗣(こうし)がないまま急逝。ここにスペイン・ハプスブルグ家は絶えてしまいます。

14518

海軍博物館(パセオ・デル・プラド) 14518

さて、その後の王位をめぐって鵜の目鷹の目だったのはヨーロッパ諸国並びにイングランドでした。これら諸国の思惑にスペイン国内問題が更に絡み、何と「スペイン王位継承戦争」は14年に及びました。

結果、フランスはスペインの王位を継承したものの、戦争によって自国の力は削がれるし、一方、新たなるスペインの「負の遺産」を引き継ぐ事になったのです。

歴史の流れを見ていくとマドリードの街が荒れ放題というのも当然頷けますよね。余談ですが、この戦争による本当の戦勝国は何処だったのでしょうねぇ…。

「王でありマドリード市長」であったカルロス三世

15705

マドリードの町並み(17世紀初頭に作られた地区) 15705

こうして負の遺産を引き継ぐ事になったスペイン・ブルボン家の三代目、「き、きたない!恥ずべき町」と仰せになったカルロス三世は、マドリードの人々より「王でありマドリード市長」と呼ばれました。

限定的ではありましたが、公衆衛生、警備隊の設置、街灯の設置並びに石畳の舗装など、都市改革を行いました。

Blog-16-1200

休息する婦人達(パセオ・デル・プラド) 14509

また、「国家の繁栄は、文化と教育を通してなされる」と考え、スペイン帝国を啓蒙活動によって立て直し、様々な分野で周辺諸国に追いつこうと尽力したのです。

カルロス3世像  19953

ソル広場(太陽の門広場)のカルロス3世像(写真中央) 19953

当事推進された都市計画”Salón del Prado”(サロン・デル・プラド)は、

古いプラド通りを大改修しそれまでばらばらであった町と離宮(現在のレティーロ公園)をこの道を通して統合させる。

Fuente de Apolo (Las Cuatro Estaciones) アポロの噴水

「アポロンの噴水」又は「四季の噴水」 15679

またふんだんに樹木を植え、噴水や彫像を配置する事によって通りを美しく整え、かつての「市民のくつろぎの場」を蘇らせる。

プラド通りを散歩する人々 (マドリード) 14520

パセオ・デル・プラドを散歩する人々 14520

更に植物園、天文観測所や、後のプラド美術館の前進である自然科学分野の施設を建設し、芸術、科学施設を集中させる。

プラド通り  14420

「パセオ・デル・プラド」のプレート  14420

このようにしてパセオ・デル・プラドが出来上がった訳ですが、

現代の他の大通りと比較しても引けをとらず、当時のヨーロッパでは最新流行だったようですよ。

全戦没者の慰霊碑

さて、ここまで出発点のシベーレス広場から10分ちょっとの距離を歩いてきました。

次の広場に向かって左手奥の通りにはマドリード証券取引所が見えていますね。

マドリード証券取引所

“Palacio de la Bolsa de Madrid” 「マドリード証券取引所」(ラ・レアルタード広場) 14524

道を左右に渡ると、ほどなく「全戦没者の慰霊碑」が見えてきます。

この慰霊碑は以前、スペイン独立戦争が始まった日、1808年の「5月2日の英雄記念碑」と、呼ばれていました。独立戦争についてはサクランボの谷や、レティーロ公園でもすでにお話しましたね。

14529

「全戦没者の慰霊碑」(パセオ・デル・プラド) 14529

スペインの独立を守ったこの戦争は、背後に「フランス vs イングランド&ポルトガル」の構図があり、複雑な様相を見せました。

戦没者慰霊碑  14527

「全戦没者の慰霊碑」(パセオ・デル・プラド)  14527

長くなるので詳細は割愛致しますが、ごく簡単にご説明しますと、スペインの支配層における親仏派と反仏派の政治的な対立があり、宮廷革命、日本で言うお家騒動に発展。

その隙を狙ったナポレオンが、スペイン国王や皇太子を退け、自分の兄ジョセフを王に即位させようと画策していていく…。

戦争  9558

戦争をテーマにしたオブジェ(マドリード旧市街の外壁にあったもの)  9558

ナポレオンの支配に対してマドリードの民衆は反仏暴動を展開しますが、強力なフランス軍に敵わずあえなく鎮圧され、翌3日には多くの市民が銃殺される結末を迎えます。

しかし、これを境に全国的な独立戦争となり、翌年にはあのサクランボの谷ヘルテでも…。

キャンディの缶(ゴヤの肖像画・タピスリー製作用油彩画) 13410

キャンディの缶(ゴヤの肖像画・タピスリー製作用油彩画) 13410

マドリードのこの凄惨な一連の出来事は後にスペインの偉大なる画家の一人、フランシスコ・デ・ゴヤによって『5月2日』、『5月3日』両作品に描かれていますので、ご存知の方も多いと思います...。

それでは独立戦争の経緯はここまでにして、広場へ行ってみましょうか。

「カノバス・デ・カスティージョ広場」

こちらは”La Plaza de Cánovas del Castillo”「カノバス・デル・カスティージョ広場」です。

カノーバス・デ・カスティージョ広場(夜景)  17197

“Plaza de Cánovas del Castillo” 「カノバス・デル・カスティージョ広場」(夜景)  17197

道は、この先もう少し続きますが、お約束通りお散歩としてはプラド美術館があるこの広場が最終地点となります。

では広場周辺をさらっとご紹介してから美術館前まで行ってみましょうか。

14536

カノバス・デル・カスティージョ広場 14536

中央には”Fuente de Neptuno”「ネプチューンの噴水」が、力強く、そして優雅に水しぶきを上げ、広場を囲む瀟洒な建築物と見事に調和しています。

車に気をつけながらもう少し噴水の近くへ行ってみませんか。

ネプチューンの噴水  14543

ネプチューンの噴水  14543

ご覧下さい。鬱蒼と茂る大樹を背景に、冠をかぶったネプチューンは夕日を浴びて黄金色に染まっています。ざーっと水しぶきを上げる水音も聞こえますね。

よく見てみますと、貝の山車を引くのが馬なのは、「海神」であるネプチューンが同時に「馬の神」と言われている所以でしょうか?

ホテル "The Westin Palace"(パレス ホテル)  14546

ホテル “The Westin Palace”(マドリード・パレス ホテル)  14546

今度は噴水から振り返りますと、左右に広がる瀟洒な建物が角地に見えますね。こちらは1912年(大正2年)に開業の高級老舗 “The Westin Palace”、通称「パレス・ホテル」です。確かシベーレス宮殿の展望台からも良く見えていましたよね、このホテル。

終着駅(Valencia)  16063

終着駅(バレンシア駅)  16063

スペインのホテル事情に関しては、1880年代になると鉄道技術やその品質が向上し、国内外から首都マドリードへ様々な旅行客が押し寄せてきました。しかし宿泊所が供給不足で、当初は下級の宿や、個人宅に泊めてもらう始末。

プラド通り周辺  14606

「プラド通り」周辺 : 小さなホテルが建ち並ぶ(パセオ・デル・プラドとは別の通り) 14606

色々当時は苦労があったようです。

このホテルのように高品質で快適なホテルは、20世紀に入ってからです。

14553

ホテル “The Westin Palace”の玄関口 (マドリード・パレス ホテル) 14553

ホテルの一階の奥には”Jardín de Invierno”(ハルディン・デ・インビエルノ)と、呼ばれるラウンジがあります。冬の庭園(サンルーム)を意味する丸屋根のついたラウンジは、白と水色を基調としたアール・ヌーヴォー様式。

  14555

ホテル “The Westin Palace”の玄関口 (マドリード・パレス ホテル)  14555

昼間、ここへ行ってみますと、頭上のステンドグラスから品の良い光りが全体を柔らかく包み込み、ゆったりとお茶の一時を楽しむことが出来ます。

14566

“Congresos de Los Diputados”「国会議事堂」 14566

それから通りの反対側、上部に三角形の切り妻壁、その下には円柱で支えられている建物は、

“Congresos de Los Diputados”(コングレソス・デ・ロス・ディプタードス)国会の下院にあたる「代議院」です。

14591

「国会議事堂」正面 14591

「国会」という言葉は、国によって歴史的背景が違うのかその呼び名も色々ですね。スペインの場合は、中世の聖職者、貴族、市民代表の「身分制議会」である名残で、”Las Cortes”(ラス・コルテス)と呼ばれます。

プラド美術館

シベーレス広場から歩いて来た散歩道「パセオ・デル・プラド」。どうやらプラド美術館へ漸く辿り着けそうですね。

937

プラド美術館とサン・ヘロニモ修道院 937

ところでここプラド美術館では、豊富なコレクションを所蔵していますが、お目当ての絵画はありますか?

936

プラド美術館ゴヤ門  936

えっ、私...ですか?うーん。特定しようとすると、とても迷うので難しいのですが…。

静物画の世界

そうですね...。「静物画」にも、とても興味がありますよ。

画家の身近にある素材をどのように表現するのか。例えば、花や本、楽器類や台所で手に入る食材、器をモチーフにしたものですね。

スペインの果実 960

スペインの果実 960

但し近代以前の静物画を鑑賞する際には宗教画のようにモチーフにメッセージが込められていますので、それを読み解く知識が必要となりますよね。

野葡萄の実 12613

野葡萄の実 12613

絵画の話題からは逸脱しますけれども、写真の世界でも画家と同様、

CameraWork  19954

Camera Work  19954

静物を撮影する際には構図や写真家の描写力が求められるのです。

スペインの巨匠達

プラド美術館。ここにはリュベンス、ティツィアーノ、エル・グレコ、スルバラン、ムリージョ...と、まだまだとても貴重なコレクションがあるので、すべてを鑑賞するには、相当のエネルギーが必要ですね。

しかし何と言ってもスペインを代表する巨匠と言えば、やはりベラスケスとゴヤでしょう。

ベラスケスの彫像(マドリード・プラド美術館) 930

ベラスケスの彫像(プラド美術館ベラスケス門) 930

とりわけ7世紀に活躍したベラスケスについては、後にゴヤが師と仰ぎ、フランス印象派モネも非常に影響を受けた一人であり、「画家中の画家」と言わしめた事はつとに有名です。

19214

王女マルガリータと王女マリア・テレサ(ミニチュアの人形) 19214

ベラスケスとゴヤ。お二人の名を西和辞典で引いてみると”velazuqueño”(ベラスケーニョ)、”goyesco”(ゴジェスコ)と、彼等の名前がついた言葉が載っています。

ベラスケス  926

ベラスケスのレリーフ(プラド美術館外壁)  926

これらは「ベラスケスの(風)」とか「ゴヤの(風)」の意味で、各作品や様式、特徴、またゴヤが生きた時代を指す場合に使われます。

車窓からの「ゴヤ」駅のホーム(マドリード・地下鉄) 15639

車窓から: 「ゴヤ」駅のホーム(マドリード・地下鉄) 15647

ではゴヤの場合、スペインではどんな時にこのゴジェスコが使用されるのでしょうか。

闘牛(バンデリージャ)  418

闘牛(バンデリージャ=銛打ち)  418

例えば「ゴヤ風闘牛」と言うのがあります。ゴヤが生きた時代に行われた闘牛の事で、闘牛士は当事の服装で行うものです。

キャンディの缶(右:ゴヤ風闘牛) 13412

キャンディの缶(ゴヤの油彩画より) 13412

それから「ゴヤ時代の服装」もゴジェスコが使われます。時代は異なりますが、日本でしたらさしずめ「竹下夢路時代の着物」と言った表現になるのだと思います。

闘牛(MADRID)  413

闘牛(マドリード)  413

ゴヤの生きた18世紀末から19世紀半頃と言えば、フランス支配下の影響があったのはもうご存じですね。

スペインらしさの中にフランス的要素の入ったお洒落で粋な服装が、マドリードのブルジョア階級からやがてスペイン全国へ広がっていったようです。

闘牛を観戦する人達  19955

闘牛を観戦する人達 (マドリード)  19955

そして現在もお祭りの行事でゴヤ時代の闘牛や服装が、

伝統文化として継承されることは素晴らしいことだと思います。

コルテス広場(マドリード) 14597

コルテス広場(国会議事堂前) 14597

あらあら...。あれもこれもと欲張ってお話をしました。

この散歩道では2つのスペインの王朝や、またスペイン王位継承戦争、スペイン独立戦争のお話が絡んだので少々お疲れではありませんか。

ではこの辺でシベーレス広場へ戻り、一休み致しませんか。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

休憩場所へようこそ

第二部、散歩道「パセオ・デル・プラド」のお話が終了致しました。ご覧頂きましてありがとうございました。

こぶし  17643

こぶしの花  17643

ここでまた一旦 「休憩時間」のご案内をさせて頂きます。どうぞこちらで、気分転換をなさって下さい。

こぶし  17599

こぶしの花  17599

この後は北への散歩道をご案内していきます。また最後には私の好きな地中海の風景も合わせてご紹介していきたいと思います。

どうぞごゆっくり♪

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

北へ延びる道「パセオ・デ・ロス・レコレトス」と「パセオ・デ・ラ・カステジャーナ」

シベーレス広場  14252

シベーレス広場  14252

一休みした後は、今度は広場から左手へ、北へ延びる通りをご案内致します。

この道は、すでにご覧になったパセオ・デル・プラドと比較すると、所々に歴史建造物があるものの、省庁や企業が集中している地域なので、特徴としては現代建築が並び、また交通量も多い散歩道と言えます。

Blog-16-1202

散歩道「パセオ・デ・ロス・レコレトス」の噴水 15020

それから、次のコロン広場手前までカフェ・テラスが幾つか出ていますから、後ほど一端テラスで休憩致しましょうか。

歩き始めとしては季節はずれの風景になりますが、まず、X´masの風景をここでご紹介したいと思います。趣向を凝らしたイルミネーションが点灯され、とても華やかになります。

「パセオ・デ・ロス・レコレトス」のX´masのイルミネーション(マドリード) 15022

散歩道「パセオ・デ・ロス・レコレトス」のX´masのイルミネーション 15022

12月のイベント時期では、買い物客が集中する中心街よりも、こちらの通りは落ち着きのある散歩道といえます。

そして、シベーレス広場から東に延びるアルカラ通りになりますが、こちらのアルカラ門のライト・アップもとても華やかですよ。

アルカラ門  15024

アルカラ門(アルカラ通り)  15024

X´masの景色はいかがでしたか。

パセオ・デ・ロス・レコレトス  15051

ベンチでくつろぐ人達 (パセオ・デ・ロス・レコレトス)  15051

それでは、深緑の季節へ戻しましょうね。

文学カフェ 「カフェ・ヒフォン」

さて、広場から歩いて数分の場所にカフェ・テラスが幾つか続いて見えて来ます。

実はこの先に世界的に名の知れた有名なカフェ”Café Gijón(カフェ・ヒフォン)があります。このお店を知ったのはもう随分前のことでした。

並木道にあるモニュメント  15046

散歩道「パセオ・デ・ロス・レコレトス」のモニュメント  15046

カフェ・ヒフォンを知るきっかけとなったのはマドリードを愛する地元の画家から次のようなアドバイスを受けたからでした。

(マドリード市街図で見所を指しながら)画家 : 「もし一週間でマドリードを知りたいのなら、見ておかなくてはならないのはここと、こことここ。次に…」。

並木道  15050

並木道から見えるコロン広場  15050

教えてくれた場所は確か、まずは画家らしくプラド美術館。次に印象派の画家の邸宅を開放したソロージャ美術館。

マジョール広場前  18313

マジョール広場前(旧市街)  18313

それから…。シベーレス宮殿、旧市街にあるマジョール広場に、この近くの国会図書館。

また王宮やその前に位置するオリエンテ広場のカフェや、

チュエカ地区にある居酒屋 18191

チュエカ地区にある居酒屋”Casa Ángel Sierra”(カサ・アンヘル・シエラ) 18191

現在はゲイ・タウン地区にある居酒屋”Casa Ángel Sierra”(カサ・アンヘル・シエラ)。

「カフェ・ヒフォンのテラス」(マドリード) 15019

「カフェ・ヒフォンのテラス」 15019

そしてこのカフェ・ヒフォンでした。

勧めてくれた具体的理由とは歴史的な文学カフェであり、毎年、スペイン及びラテン・アメリカに関係した文学賞、カフェ・ヒホン賞が授与される由緒ある場所だからです。

この「文学カフェとは何か?」を説明するには、やはり店が開業した当時のスペインの世情をお話しなくてはなりません。

「カフェヒフォン」(マドリード・レコレトス通り) 15017

「カフェ・ヒフォン」のレストラン&Bar 15017

店が扉を開けたのは、1888年(明治21年)のことでしたが、当事は中心街から離れた場所にあるものの、涼しげな散歩道を求めて徐々に人々が集まるようになりました。

マドリードのデモ行進  15461

マドリードのデモ行進  15461

19世紀後半は農民、労働運動や政権が何度も交代する「混沌とした時代」であって、また海外領土での独立戦争が起こるなど、あちらこちらで不協和音が鳴り響いていました。

こうした流れの中、20世紀初頭になると、作家、芸術家、政治家等、知識階級の常連達が文学カフェをたまり場として集まり始めます。

テーマは文学や闘牛だけに留まらず、王政廃止を唱え、共和政の夢を語る。

マドリードのデモ行進  15463

マドリードのデモ行進  15463

こうした集まりをスペインでは”Tertulias”(テルトゥリアス)と呼びます。特徴は、「会議と違って問題解決を目的とせず、自由闊達に意見を述べ、考えを体系付けることに意義がある」としました。

このカフェでは、彼等のテーブルを囲む野次馬達に、コーヒーやタバコの香りのする光景...と、映画のような熱気溢れるシーンが展開されていたのでしょうね。

「カフェ・ヒフォン」(マドリード・レコレトス通り) 15018

「カフェ・ヒフォン」 15018

カフェ・ヒフォン。ここには有名な文化人や政治家も通い、その流れは今でも続き、彼等が気さくに立ち寄っていく姿が見られます。

日本ではこの店を訪れた有名人としてアメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイが良く知られているようですが、その他にもそうそうたる面々が訪れています。

画家サルバドール・ダリと詩人、劇作家であるガルシア・ロルカ。映画『アンダルシアの犬』、『糧なき土地』のスペイン人映画監督ルイス・ブニュエル。第一次世界大戦で活躍した女スパイ、マタ・ハリ。アメリカのハリウッド女優エバ・ガードナーと、もう枚挙に暇がありません。

エル・エスペホ

さて、もう一軒行ってみましょう。近くに”El Espejo”(エル・エスペホ)、「鏡」と言う名のお店がカフェ・テラスを出しています。そこで一休み致しませんか。

パセオ・デ・ロス・レコレトスの石像  15060

散歩道「パセオ・デ・ロス・レコレトス」の石像  15060

レストラン&Barはテラス背後に位置しており、お店の壁の装飾にはアール・ヌーヴォ特有の鏡を何面も配した凝った作りになっています。

エル・エスペッホのテラス  15058

レストラン「エル・エスペホ」のカフェ・テラス  15058

お話ししているうちにテラスに到着です。それでは入ってみましょうか。

今日は比較的空いているようですね...。何処でもお好きな場所へどうぞ♪

レストラン「エル・エスペホ」のカフェ・テラス 4626

レストラン「エル・エスペホ」のカフェ・テラス 4626

明るい陽光が注ぐスペインのカフェ・テラスにはエスプレッソ・コーヒーの良い香りが良く似合いますが、近年マドリードではTea専門店でお茶を飲むスペイン人も大分増えました。

レストラン「エル・エスペホ」のパビリオン 15013

レストラン「エル・エスペホ」のパビリオン 15013

それからお気づきでしたか。テラスにはもう1つ、白と緑を基調にしたタイルにガラス張りの小粋なパビリオンもあります。中は景色がゆったり見られるテーブル席とBarに分かれています。

ところで、椅子にそのまま腰掛けたままでここから国会図書館をご紹介しようと思うのですが、車道の向こう側の建物をご覧になれますか。

国立図書館  15049

国立図書館  15049

そうです。あの立派な建物です。国立図書館の歴史は300年以上と古くて、1712年にFelipe V(フェリーペ5世)によって公共の為に創設された王室図書館に始まりました。

国立図書館(マドリード・レコレトス通り) 15010

国立図書館 15010

世界でも重要な図書館の1つと言われるように、文豪セルバンテスによる小説『ドン・キホーテ』に関するコレクションがあります。

部屋にはいかにもスペインらしく各分野ごとに「セルバンテスの部屋」、「ゴヤの部屋」など、巨匠達に因んだ名がつけられています。

国立図書館のファサード:白大理石で出来た玄関部分 (マドリード) 15016

国立図書館 : 白大理石で出来た玄関 15016

そう言えば、ここの一般閲覧室で初めて調べ物をした日の事を思い出しました。

かつての中央郵便局であったシベーレス宮殿と同様、閲覧室の格調高い作りに興味津々で、机のスタンドに照らされた目の前の本よりも、顔を上げては天井や、壁の装飾につい目が向いてしまうのです。

国立図書館 柵  15074

国立図書館の外塀  15074

スペイン人にとっては慣れきった日常風景なのでしょうが、室内を眺めては「あら、いけない」と我に返り、手元の開かれた頁に目を再び戻す。

結局は、同じ箇所の文を何度も目で追っていたのですよね。

国立図書館ファサード  15072

国立図書館・正面玄関  15072

まぁ、すみません。長々とお喋りをしてしまいました。

それでは席を立って、レストラン「エル・エスペホ」の入り口もご紹介しておきますね。

カフェ・テラス「エル・エスペホ」  19956

レストラン「エル・エスペホ」カフェ・テラス  19956

下の扉をご覧下さい。アール・ヌーヴォーの連続した曲線の美しい扉。ガラス越しにうっすら見えるのは黒ベストに白のエプロン姿のウエイターの男性。お客さんの姿も見えます。

スペイン人は、こうして立ち話をするのが大好き。

レストラン「エル・エスペホ」(マドリード・レコレトス通り)

レストラン「エル・エスペホ」 15014

それから扉の両側には当店のお勧め品が額に掲げられていますね。

右側上からコンソメ。新鮮な魚。肉。ケーキ類。左側は、アニス酒。高級銘柄のコニャク。ビール。パビリオンでの軽食やタパス(小皿料理)も良いですが、レストランでのお食事も美味しそうですよ。

コロン広場

コロン広場と国立図書館  15009

コロン広場と国立図書館  15009

テラスを出て目の前に現れるのが「コロン広場」です。シベーレス広場から歩いて15分ほどの距離でしょうか。

広場の中心にはクリストファー・コロンブスの像が高く聳えています。

コロンブスの像 15061

コロンブスの像 15061

ネオゴシック様式の台座より更にずっと上に立つマント姿のコロンブス。片手を広げ、もう一方の手にはかつてのスペイン・カスティージャ王国の旗。そして膝元には丸い地球儀。

さて、このコロン広場。平日は四方八方から車が集中する為、市の警官が頻繁に交通整理を行っています。また、ここを車が間違いなく目的地へ進むには経験が必要で、他県の車は「あれれ、曲がれないの?!」と、往生する広場でもあります。

そのような訳で、遠くを見つめるコロンブスも足元を走り去る車にもご用心!

15040

「コロン広場」前を通過する二階建てバス 15040

広場を赤い二階建てバスが観光客を乗せて通過していきます。

バスが運行するCity Tourは、ルートが2つ。1つは旧市街を中心に、もう1つは、主に19世紀後半に拡張した市街中心のルートです。どちらのルートもこのコロン広場やプラド美術館が含まれています。

コロン広場  15064

コロン広場  15064

常日頃、『一度はこのバスに乗って、高い場所から自分の知らないマドリードを見たい!』と、思っておりましたが、

すっかり乗り忘れて帰国してしまいました。思いついた時に乗車しないといけませんね。

トーレス・デ・コロン  15059

「トーレス・デ・コロン」のビル  15059

この広場でコロンブス像の他にもう1つ目を引くのが、広場の一角に1976年に建てられた”Torres de Colón”(トーレス・デ・コロン)があります。

マドリード市内の風景 14948

マドリード市内の風景 14948

こうしてマドリード市を一望出来る公園から見ますと、周囲の建造物に比べて一際目立つ建物の上部。

これを「大魔神の兜のよう」と表現した日本人がいました。大魔神ってご存知ですか?

「カステジャーナ通り」へ

さて...。お伝えしませんでしたが、コロン広場からは道の名称が変わって、今は「パセオ・デ・ラ・カステジャーナ」を歩いています。

またここからは通りの名が長いので、「カステジャーナ通り」と呼んでいきますね。

「パセオ・デ・ラ・カステジャーナ」の一番地(19世紀末から20世紀中庸に建てられた小さな宮殿又は屋敷の1つ)  15030

「カステジャーナ通り一番地」(19世紀末から20世紀中庸に建てられた小さな宮殿又は屋敷の1つ)  15030

この先にはホテルやデパート、会社のビルなどの他、またサッカーでお馴染み「レアル・マドリード」のスタジアムもこの通りに面しています。

「カステジャーナ通り」(マドリード)

「カステジャーナ通り」の並木(マドリード) 15001

でも最後まで歩きますととても長い距離があるので、お散歩気分が何処かへ飛んでいきそうです。

「パセオ・デ・ラ・カステジャーナ」13番地(1919年~1923年にプロモーターであるエンシナーレス公爵によって建設された賃貸住宅) 15003

「カステジャーナ通り13番地」(1919年~1923年にプロモーターであるエンシナーレス公爵によって建設された賃貸住宅) 15003

こでお散歩の最後には近くのソロージャ美術館へ寄るのはいかがでしょうか。この美術館はカフェ・ヒフォンでお話した「画家による一週間で見るマドリード」のリストにも入っていた美術館でした。

ただ、この通りの北端の様子も語らないのは心残りです。やはり、ここでご紹介しておきましょうか。

14955

“Cuatro Torres Business Area”「四つの塔のビジネス・エリア」(市内北部・カステジャーナ通り)14955

では歩きながら、手元にある写真でお話をしていきます。

まず上の写真、右手をご覧下さい。

カスティジャーナ広場  16651

カスティジャーナ広場  16651

ビル郡が林立している「カステジャーナ広場」。

カスティジャーナ広場 (ヨーロッパ門のビル)  16645

カステジャーナ広場の「ヨーロッパ門」のビル  16645

裁判所のある広場で、また内側に傾斜した対のビル”Puerta de Europa”(プエルタ・デ・エウロパ)「ヨーロッパ門」が見えています。

ヨーロッパ門前  16652

ヨーロッパ門前  16652

ヨーロッパ門前の横断歩道。信号待ちで立っておりますと、やはり今にもビルが迫って来そうです。

ロープウェイとケステジャーナ通り北端の眺め(マドリード) 14953 

ケーブルカーとマドリード市北部の眺め 14953

次にケーブルカーから左手に見える摩天楼です。こちらは2008年に全ての建設が完了した”Cuatro Torres Business Area “「四つの塔のビシネス・エリア」です。

意外に思われるかもしれませんが、マドリードでも、またヨーロッパでも高層建築はそう多くはありません。

それから、4つでなく3つのビルしか見えないのは左端のビルが重なっている為で、角度によるマジックです。

チャマルティン駅前  16650

チャマルティン駅前  16650

それからもう1つ。全体風景の写真からは見えませんが、写真中央にはスペインの北西方面へ向かう鉄道の「チャマルティン」駅があります。

最近はどうなのでしょう?フランス・パリ行きはまだここが始発でしょうか。

19963

1990年代のアトーチャ駅のホーム 19963

マドリード市内の公共交通機関は、主にバスと地下鉄ですから、

19962

ホームでのお見送り(1990年代のアトーチャ駅・中距離列車) 19962

夜の帳が落ち、線路に架かる大橋へ車でさしかかると、ちょうど汽笛が鳴る事もあり、とても旅情を誘ったものです...。

19960

1990年代のアトーチャ駅のホーム 19960

ソロージャ美術館へ

さて、今回は南北2つの散歩道を歩いて来ました。

こうして見ますと、南から北へと進むにつれて建築も徐々に現代へと移っていきましたね。

「カステジャーナ通りのモニュメント」(マドリード) 14995

「パセオ・デ・ラ・カステジャーナのモニュメント」(マドリード) 14995

ただし北端は最も現代的で、また住宅街が多く全体的な眺めとしてはどことなく淋しく、町外れの様相は否めないようです。

あなたはどう思われたでしょうか。

ヘネラル・マルティネス・カンポス通り 14988

ヘネラル・マルティネス・カンポス通りの住宅 14988

さて二つの散歩道のお話も済み、また折良く美術館へ行く道「ヘネラル・マルティネス・カンポス通り」への曲がり角まで来ましたので、

ここからは美術館到着前まで簡単にソロージャについてご説明していきます。

ヘネラル・マルティネス・カンポス通り 14984

ヘネラル・マルティネス・カンポス通り 14984

1863年、”Joaquín Sorolla”(ホアキン・ソロージャ)は地中海都市バレンシアで生まれました。

「ソロージャ美術館」入り口付近(マドリード) 6288

「ソロージャ美術館」入り口付近(マドリード) 6288

ソロージャが活躍した時代は、カフェ・ヒフォンでのお話のように、

スペインは19世紀末から20世紀初頭にかけて政治・経済共に非常に厳しい時代でした。

画材  15317

画材  15317

一方、鉄道の発達や、絵の具など画材の革新によって戸外や旅先での制作が容易になった時代でもあり、

画家ゴヤ以降のスペインを代表する印象派、ポスト印象派、そして色彩画家として活躍した画家です。

15447

「ソロージャ美術館」入り口  15447

さて、到着です。こちらがソロージャ美術館ですよ。

どうぞお入り下さい♪

美術館の庭は「マドリードに存在するアンダルシアの世界」

閑静な住宅街にあるこの美術館は、彼の家族と共に生活し、アトリエで制作する。この2つを念頭に建設された邸宅でした。

15432

獅子と城、国章を配した絵タイルのベンチ 15432

そして邸宅は、美術館として1932年に未亡人の遺志によって一般に開放されました。

ベンチの絵タイルの一枚 : 国章の「ヘラクレスの柱」と国の標語 ラテン文字で"PLVS VULTRA" VLTRA"(より彼方へ) 15440

ベンチの絵タイルの一枚 : 国章の「ヘラクレスの柱」と国の標語 ラテン文字で”PLVS VULTRA” (より彼方へ)の意 15440

門から入ってきますと、知らぬ間に南部アンダルシア地方の庭園に佇んでいるような気分にさせてくれる空間、

それも特徴ある3つの庭園が、次々と私達を迎えてくれますよ。ここはマドリードにあるアンダルシアです。

玄関付近 15408

玄関と庭の石柱 15408

最初の庭園は、都市セビージャ(セビリア)・アルカサールの庭園要素が感じられ、

15427

アンダルシア風の庭園 15427

2番目は、グラナダのアランブラ宮殿内、ヘネラリーフェ庭園の灌漑を髣髴(ほうふつ)させ、

15395

アンダルシア風の庭園 15395

さらに奥へ進むとイタリアの石柱、

アラブ式の溜め池や、つる棚が配置されています。

15273

石像とアラブ風の池 15273

また所々に像を配置したこれらのデザインは、全てソロージャ自身によるものです。

15379

柱頭とオレンジの木(邸宅入り口の石柱) 15379

庭作りの為に夫人を伴ってスペイン国内数箇所を丹念に巡った結果、

ソロージャ美術館 庭園  15423

アンダルシア風の庭園  15423

彼の心を射止めたのはアンダルシア地方の庭園でした。

15282

石柱等で仕切られた「アンダルシア風庭園」 15282

そしてこれら3つの庭園を、絵画のモチーフとして作品を制作する際、

ソロージャ邸 庭園  15420

アンダルシア風の庭園  15420

様々なフレーミングを作り出せるように壁で仕切らぬデザインを採りました。

15407

水汲み場 15407

彼は晩年をこよなく愛したこの庭園で過ごし、

ソロージャ邸 庭園  15286

つる棚の下のテーブルと椅子  15286

庭園をモチーフとして描いた作品数は、少なくとも60点以上に上ります。

15285

ホアキン・ソロージャの彫像  15285

庭園に置かれたソロージャの彫像。ホアキン・ソロージャ(1863年-1923年)。

15291

邸入り口の階段  15291

庭の奥にある美術館への入り口にも青・緑・黄色の絵タイルが張られています。

ソロージャ美術館入り口階段の絵タイル  15292

美術館入り口階段の絵タイル  15292

また建物にはもう1つ庭があります。こちらの階段手前を左へ進むと、

15294

外庭から望む中庭(パティオ)  15294

アンダルシア・スタイルのパティオ(中庭)が建物奥に設けられています。

こちらも後ほど見てみましょうね。

15333

夫人の胸像 15333

さて館内の作品についてご説明致しますと、幾つかに仕切られた部屋には、

外光派のソロージャが描いた海辺の風景や海洋風俗、家族の肖像画を中心に展示されており、

ソロージャ美術館開設の新聞記事 1932-1月  15345

ソロージャ美術館開設の新聞記事 1932-1月  15345

また画家の一大プロジェクトであったNew YorkのThe Hispanic Society of America内を装飾した14枚もの大パネル”Visión de España”「スペインのビジョン」の為の習作も展示されています。

ソロージャ美術館  15298

ニッチに置かれた壺  15298

モチーフは8年もの間、スペイン各地を旅し、伝統的な民族衣装を纏った人々を描いたものです。

15314

ソロージャのアトリエ 15314

今度は、奥のアトリエの様子をご紹介しましょう。

高い天井。窓から入る自然光のもと、広々とした部屋には絵筆やパレット、愛用した調度品類、また右手奥には天蓋付ベッドも置かれています。

ソロージャ美術館  15315

アトリエ内部の調度品や本類  15315

ソロージャの実際の仕事場であったこのアトリエでは、鑑賞者は彼の描いた作品の美しく鮮やかな色彩や、そこから自分に発して来る大きな力に誰もが感動するようです。

15358

アトリエから廊下へ 15358

では、アトリエを出て廊下へ進みましょう。

15310

パティオ(中庭)の見える窓 15310

廊下左手には窓がありますが、外は、先ほど見えたパティオになっています。

ちょっと眺めてみましょうか。

15296

パティオ(中庭): 右手、上の階にはアトリエ。15296

シンプルですっきりした美しさですね。

中央には六角形をした噴水でしょうか。タイルは白と青の組み合わせ。その上にはテラコッタの植木鉢。全体的な色合いもとても爽やか。

なつめ椰子  9683

ナツメヤシ(セビージャ/セビリア)  9683

南部の都市コルドバや、セビージャ(セビリア)へ行きますと南国と感じられる1つには棕櫚(シュロ)やナツメヤシの木々が茂っているからで、

海辺の庭園 (バレンシア地方)  4057

海辺の庭園 (バレンシア地方)  4057

ソロージャもアンダルシアの雰囲気をマドリードの自宅で味わいたかった一人と、思いませんか。

15295

スペイン各地の陶器が飾られている部屋 15295

パティオのある横のお部屋にはスペイン陶器が棚に飾られています。

ソロージャ美術館  15300

踊り場へ  15300

さぁ、それでは階段を上っていきましょう。

ソロージャ美術館  15350

踊り場からアトリエを望む 15350

また上の階は家族の寝室であった場所で、現在は展示室になっています。

15339

素描 15339

素描の数々。

15343

「グレーの服を着たクロティルデ」(夫人の肖像画) 15343

ソロージャは夫人をモデルに数多く描いていました。

印象派の特徴とも言える家族や友人の肖像画はもちろんですが、

15341

夫人をモデルにした二枚の絵 15341

それらの作品からは、特に夫人への深い愛情が感じられ、また絵画の中の夫人の眼差しや仕草からも夫への愛情が同様に伝わってきます。

15348

夫人又は娘の後ろ姿 : フランス南西部・リゾート地ビアリッツにて  15348

幼馴染であった二人は常に共に生きた二人でもありました。夫人は恋人から妻へ、そして子供達の母親であり、また絵のモデルとして、更には展覧会に関する事務処理をこなす仕事仲間でもありました。芸術家を支える夫人は、心身共に大変だった事でしょう。

15306

サロン 15306

階段を下りた場所からは家族が暮らした住居部分になっています。

サロン(部分) 15301

サロン(部分) 15301

彼等がそうしたようにサロンの広い窓辺に近づいてみませんか。

サロンの窓 15373

サロンの窓 15373

こうしたお天気の良い日は、窓から降り注ぐ光のシャワーが浴びられますね。

4623

光り溢れる窓辺(ソロージャ美術館) 4623

いかがですか...。

15364

食堂 15364

こちらが食堂。奥には大理石の暖炉。ブロンズ像や陶器が飾られています。

ソロージャ美術館  15361

食堂(正面部分) 15361

部屋中央には木彫りテーブルと対の椅子。上に敷かれたセンターは、スペイン刺繍でしょうか。上には銀のボールと燭台も。

15308

玄関ホール 15308

そしてこちらは玄関。

美術館を一巡りした後の感想になりますが、館内のそこかしこに家族の肖像画が飾られているせいか、

ソロージャ美術館  15371

窓辺の置物とブロンズ像  15371

在りし日の彼らの生き生きとした姿が玄関や食堂、サロンに今にも現われるようです…。

15368

窓(ソロージャ美術館) 15368

さて、美術館はお気に召しましたでしょうか。

ここからは個人的な意見になりますが、ソロージャの作品は海辺の風景がとても印象的でした。

ソロージャ美術館  15312

窓辺に置かれた壺  15312

特にアトリエの壁中央に掛けられていた縦横2メートル程の油彩画、「海辺での散歩」(1909年)。New Yorkの展覧会で大成功を収めた頃の作品で、彼の絶頂期の一枚です。

15319

作品”Paseo a la orilla del mar” 「海辺での散歩」 15319

「海辺での散歩」。バレンシアの海辺で、白い服を纏った母と娘の歩く姿は、とてもエレガント。白い日傘を手に持ち、風にはらむベールを抑えるクロティルデ夫人。

その少し前を、飾りのついた麦藁帽子を手に、アップにした髪を風になびせて歩く長女マリア。白い服や傘、ベールなどはディフューザー、つまり光りを拡散する役目をしていますね。

絵画の中の二人を見つけて、この絵の虜になる女性はきっと多い事でしょう。

15320

アトリエ 15320

そう言えば、ソロージャの作品に始めて出会った日の事を今でも良く思えているのですが、

村の小道 (アンダルシア地方)  4011

花咲く村の小道 (アンダルシア地方)  4011

スペインに来てからそれはかとなく感じていた独特の光と影を、見事なまでにキャンバス上で表現されているのを目の当たりにして『これなんだわ、感じていたのは!』と、答えを見つけて嬉しくなりました。

15452

ソロージャ美術館入り口 15452

それでは画家ソロージャの心を捉えた美しい地中海の景色をご紹介しながら美術館を後に致しましょう。

光の魔術師によるアリカンテの海辺

ソロージャは故郷バレンシアの景色だけでなく、更に南に位置するアリカンテ県”Jávea”(ハベア)へ1896年に訪れていました。

179

「ハベア」の海岸(バレンシア地方) 179

沿岸にあるこの村は、240kmほど続く”Costa Blanca”(コスタ・ブランカ)「白い海岸」の北部に位置し、上に見えるサン・アントニオ岬や

15239

岬の断崖(ハベア)15239

幾つかの岬に囲まれ、とても風光明媚な場所です。

15238

地中海 15238

特に夕日が照らす時刻には海岸の「凝灰岩(ぎょうかいがん)」が赤く染まり、ここの風景は昼間とはまた違った別の美しさに変化していくのです。

15225

ハベアの港 15225

ある年の12月、私はハベアに数日間でしたが滞在した事がありました。

ここは年間晴天日数が300日以上、平均温度が摂氏20度と、冬場も快適な場所です。

15228

ハベア港 15228

午前中に、暖かな光を肌に心地よく感じながらハベア港へ出かけて見ました。

15216

反射(ハベア港)  15216

ハベア港は、サン・アントニオ岬が背後に聳える天然の良港で、

"Lonja" 「漁業取引所」  (ハベア港)  15226

“Lonja” 「漁業取引所」  (ハベア港)  15226

また漁業商品の取引所”Lonja”(ロンハ)があることから、遠く離れた港の船からもここで水産物が水揚げされます。

15215

ハベア港の漁船 15215

取引所では午前と午後にせりが公開される為、観光スポットの1つとして人々で賑わっていました。

海中のロープ  (ハベア港)  15214

海中のロープ(ハベア港)  15214

日本でも同じ。港周辺の店先に並ぶ魚介類を見学し、購入するのも楽しいですよね。ハベアでは、真鯛、鯖、モウゴウイカ、蟹、鰯、小型の海老、蛸、アンコウ、ヒメジ…。それに、この地方のお米料理魚介パエジャ(パエリア)の花形、ヨーロッパ・アカザエビも見られます。

15212

ハベア港の漁船 15212

ところで、取引所から離れて埠頭で歩いている途中でしょうか。何人かの漁師さん達が、魚網の手入れをしているのを見かけました。昔も今も変わらぬ姿です。

漁網の手入れ(ハベア港) 15220

漁網の手入れ(ハベア港) 15220

ソロージャも彼の故郷であるバレンシアの浜辺を舞台として、

漁船  (ハベア港)  15221

漁船(ハベア港)  15221

漁を終えて帆を外し、浜辺へ取り込む漁師の様子や、数人で帆の繕いをする姿を描いています。

Blog-16-1181

船とブイ(ハベア港) 15219

キャンバスの中の漁師達の面差しは厳しく、日焼けした肌は赤銅色。

漁網 (ハベア港)  15207

漁網 (ハベア港)  15207

針を持って繕う手の先には浜に広げられた大きな白い帆布。そこには反射した波打ち際の海の青に、砂浜のオークル色、そして強い黄色い日の光に濃い影になった紫色がのせられていました。

ナオ岬の灯台(バレンシア地方・ハベア) 15241

ナオ岬の灯台(ハベア) 15241

ところで午後になって、私は湾の右手に見えるナオ岬の灯台まで上ってみました。

夕暮れのモーターボート (ハベア湾)  15245

夕暮れのモーターボート (ハベア湾)  15245

しばらくの間穏やかな海を眺めておりましたら、気づかぬうちに太陽は灯台や壁の白を徐々に琥珀色に染め始めていました。

15244

ナオ岬の午後(ハベア) 15244

その時、『ああ、そう言えば…』と、ソロージャが留守番をしている夫人宛に綴った手紙の内容が心に浮かんだのです。

4222

夕暮れのヨット(ハベア湾) 4222

『ハベアは荘厳で雄大、描くのに知っている場所では最高だ。…あと数日いようと思う。もし君がいたのなら、2ヶ月』。

そして続けて、『…しかし、何と言う海!サン・アントニオ岬は別格の美しさ…』

4224

ハベアの岩場 4224

彼は、岬のむき出しになった断崖を赤みがかった巨大なモニュメントに例え、

またきれいな水の色は澄み、輝くようなエメラルド・グリーン色であるとハベアの美しさに感動したようです…。

本日ラストの写真

夕暮れの海 (ハベア湾)  15246

夕暮れの海 (ハベア湾)  15246

夕暮れのハベアの海辺では、先ほどまでの抜けるような青空から薔薇色へと、光の魔術師によるショーが始まりました。

15247

ハベアの海 15247

驚いた事に、実際カメラで海を撮影してみると色彩画家がキャンバスにのせた色合いと同じでした。

15248

ハベアの海 15248

そして港の向こうにはあのサン・アントニオ岬のきらきらと輝く赤い凝灰石の断崖が...。

4225

サン・アントニオ岬と漁船 4225

巨大な岬の先端近くには帰港する一艘の漁船がとても小さく見え、ゆらゆらと動いています。

その姿を見てなぜかとても愛おしく感じたのは私だけでしょうか...。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

ブログ後記

ハベアの夜 172

ハベアの夜 172

いつも最後までご覧頂きまして本当にありがとうございます。最後は地中海の雄大なる景色で終えたブログ、いかがでしたでしょうか?今回はテーマ「道」(V)のシリーズ、 マドリードの二つの散歩道を中心にお届けいたしました。 次回ブログの内容については只今思案中です。アップまでどうぞお楽しみに...。

さて今回のブログ更新ですが、 当初、前回ブログから2ヶ月ほどでアップする予定でした。しかし単に散歩道をご案内するだけではなく、 様々な角度から二つの道をご覧頂こうと考え、やはり予定より完成が大分遅くなってしまいました。何度か様子を見に来られた方には 御礼並びにお詫び申し上げます。

また当ブログのアクセス数に関しましては、国内のみならず外国からも沢山アクセスを頂いており、励みになると共に大変嬉しく思っております。ここに厚く御礼申し上げます。

最後になりますが、下記にご案内しております「お知らせ」の内容が新しくなりました。コレクション・ギャラリーにも是非お越し下さいね。お待ちしております。

***   ***   ***   ***   ***   ***

お知らせ

【Sala Mikiko】 「アラベスク文様の手帳から」コレクション・ギャラリーのご案内

いつもご購読ありがとうございます。 ブログに使用した写真の中から特にアーティフィシャルなものをコレクションとしてギャラリーにしました。

場所は、Web版私本来のフォト・オフィスとも言うべき TEMIKPHOTO 【Sala Mikiko】で公開しております (”Sala” とはスペイン語で “Room” の意味です)。

どうぞお待ちしております。こちらからどうぞ。

「ブログ更新のお知らせ」登録手続きのご案内

ブログは通常2ヶ月毎で更新しております。尚、不定期更新のため次回よりご希望がある方には直接その旨をお知らせさせて頂くことに致しました。

ご希望の方はお手数ではございますがこちらよりご登録下さいますようお願いいたします。

なおご登録頂いた情報はブログ更新のご案内のみに使用し、第三者に譲渡することはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください